So-net無料ブログ作成
検索選択

妊婦の救急搬送の経験(15) [妊婦の救急搬送の経験]

結論として、私は2回目のカテーテル検査に同意しませんでした。

・ 娘に会いたくて、精神的に限界だったこと

・ 検査後、絶対安静を強いられるキツイ検査だったこと(みなさん、2度とやりたくないという検査です)

・ リスクが伴う検査であること
  父の友人が回復期のこの検査の医療ミスで死亡し、父が強く反対しました。
  (カテーテルで血管を貫いてしまい、脳内出血で死に至りました)

・・・等の理由でした。
私が同意書にサインをしなければ、検査はできません。
検査を受けないリスクを医師から説明され、納得し、出産したクリニックへ転院することになりました。
治療は外来で、投薬、MRI、血液検査、脳波検査を行いながらとういうことになりました。
1年後ぐらいに、再度、入院してカテーテル検査をするというはなしもでました。

大学病院の退院の日は楽しみで、化粧したりして、主人のお迎えを待っていました。
洋服マタニティを持ってきた主人に、もう、ふつうの服を着れるからとタイトスカートを持ってきてもらいました。
はじめて会う娘に、なるべくきれいにして、会いたかったです。

・・・つづく

妊婦の救急搬送の経験(16)へつづく

妊婦の救急搬送の経験(1)から読む

  ranking
       ↑
     クリック、お願いします☆彡


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。