So-net無料ブログ作成
検索選択

妊婦の救急搬送の経験(16) [妊婦の救急搬送の経験]

クリニックでは、花束を用意して、院長、看護師さん達が暖かく迎えてくれました。
やっと、娘に会えたとき、自然と涙が出ました。

小さな娘をこわごわと抱きました。
新生児を抱っこしたのは、はじめてでした。

「ももちゃん、100% 母乳で大きくなったのよ」

2週間、私が育てたのではないけど、私の母乳で育っていたのは、うれしかったです。

娘のことを、看護師さんたちは、たくさん抱っこをして、世話をしてくださったそうです。
とっても、よく泣く赤ちゃんだったそうです。

「ももちゃんは、ママが一緒にいないから、特別いっぱい抱っこしたのよ」

と、ほんとにかわいがって、お世話をして頂いたようです。

・・・新生児のももも、ママがいなくて寂しかったようです。
よく泣く赤ちゃんだったと書きましたが、私が会ったのは、よく寝て、あまり泣かない赤ちゃんでした。
看護師さんはこういいました。

「ママが来て、安心したんだわ」
「いっぱい抱っこして、かわいがってたのに、やっぱりママがいいのね」

「私がママって、わかるんですか?」

「もちろん、わかってるわよ」

ももが私をママと認めてくれたようで、とっても、うれしかったです。

そして、・・・まだ、つづくのです。

妊婦の救急搬送の経験(17)へつづく

妊婦の救急搬送の経験(1)から読む

 ranking        

    ↑    クリック、お願いします☆彡


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。