So-net無料ブログ作成
検索選択

妊婦の救急搬送の経験(19) [妊婦の救急搬送の経験]


出産でトラブルがあったものの、私も もも も 無事に退院できたのですが、
私はトラブルがあったことを悔いるようになりました。
悔いても、やり直すことはできないのですが、なぜか、「普通に産みたかった」と思うようになりました。
私には出産前後の記憶がありません。
とっても、その記憶がほしくて、ほしくてたまらなくなりました。

大学病院に入院中は、ももに会いたくて、会いたくて、それだけでした。
そして、クリニックで、ももに会えたときは幸せでした。
なのに、退院して、ももが生後1ヶ月になり、生活が落ち着いてくると、トラブルのあった出産を振り返ってしまうのです。
生まれたての、ももに会いたかったなと思うのです。
この気持ちは、今でもあります。

3歳になった ももに、生まれてきたときのことを、きいてみたことがあります。

「生まれた時のこと覚えてる?」

すると、ずっと我慢していたのを吐き出すように、ワンワン泣きだしました。
 
「さみしかった」

といいました。いつもと違う泣き方で、目から涙をあふれさせてなくので、驚きました。
隣室にいた主人が、ももの泣き方がいつもと違うので、とんできたほどです。
私だけでなく、もも も、寂しかった。
それを、覚えているとは思いませんでした。
とても、不思議なできごとでした。

-------------------

他の人からみたら、無事に生まれたんだから、いいじゃないと思うかもしれないのですが、当事者にとってはそうではないのです。
出産、育児についての心配事は、つまらないことでも、心配しだすと結果がでるまでとまりません。
その間、イライラしたり、落ち込んだり。
妊娠・出産で、ホルモンのバランスが崩れてしまうからかも、未経験のママとしての生活への戸惑いかもしれません。

新米ママだった私は、まわりの

「だいじょうぶよ」

を、頭ではわかっていても、信じられませんでした。
そういう気持ち、わかってほしいなと思います。

こうして、私とももの育児ははじまりました。
失敗だらけで、思いつめてしまたり、自分を責めることもあります。

そんな、ママでも、ももはママが大好きです。
子育てって、ももの笑顔がみれると楽しいです。

他にも私のようなママもいるのかな・・・。

・・・いっぱいの失敗は、また。
妊婦の救急搬送の経験(1)から読む

ranking
       ↑
     クリック、お願いします☆彡


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。