So-net無料ブログ作成

失敗だらけの保育園とのお付き合い(6) [失敗だらけの保育園とのお付き合い]

私が、ももを保育園に預けるのをためらうのに、追い討ちをかけてくるのが、両親です。
私の両親は、私が妊娠したとき
 
「仕事は辞める」
 
と、勝手に思い込んでいた人たちです。
 
「小さいうちから、保育園にあずけるのは、かわいそう」
 
・・・よくいわれることですが、私もいわれました。
こういう言葉は、ママを追い詰めてしまう言葉になりかねないと思います。
 
かわいそう」じゃなくても、保育園に預けることでいろいろな思いを、祖父母より、ママはたくさんもっています。
生まれたときから、ずっと一緒にいた赤ちゃんを人の手にゆだねるのです。
気持ちは、赤ちゃんと一心同体の頃です。
他の人にいわれると、ママは保育園に子供を預けるということで、ママは自分を責めてしまいます。
私はそうでした。
 
「子どもは3歳までは母親が育てる」という、3歳児神話も、保育園に預けて働くことを責める材料になりました。
ワーキングマザーになると、時間的なこと、体力的なことがキツイといいますが、
私はこういう精神的なことが一番しんどかったです。
 
 
私は
 
「ポケットに、ももを入れて、仕事に行きたい」
 
と、思いました。
 
もちろん、そんなことはできるはずがなく、ならし保育がはじまりました。

失敗だらけの保育園とのお付き合い(7)

失敗だらけの保育園とのお付き合い(1)から読む

ranking
  ↑
クリック、お願いします☆彡


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。