So-net無料ブログ作成

失敗だらけの保育園とのお付き合い(12) [失敗だらけの保育園とのお付き合い]

私が伝えたのは、朝の登園時、早番の若い保育士(2~3年目ぐらい?)にでした。
この時、担任の主任保育士はいませんでした。
(余談ですが、私はこの担任の主任が一番、苦手でした。)

「布オムツでかぶれるなんてありえない~」
「ちゃんと代えてるのに」
と、明らかにムッとされました。

「でも・・・」
と、食い下がる私と険悪な雰囲気になってきました。

そのとき、ベテランのパートの保育士がきて、双方の意見をきいてくれました。

「じゃあ、パンツにしましょう。パンツなら濡れたらすぐにわかるから」

もも の保育園では、6ヵ月を過ぎるとパンツ(トレーニングパンツでなくて、
綿のパンツ)を用意するようにいわれます。
9ヵ月ぐらいから、大人が支えてオマルに座らせるので、そのときにたまにパンツを履かせます。
なので、パンツも用意してありました。

パートでも、さすがベテラン!
私と若い保育士との間をうまく取り持ってくれました。
もも の保育園では、天然の素材にこだわるので、
若い保育士の紙おむつを受けいられない気持ちもわかります。
こちらも、そうですかとあきらめられなくて。

若い保育士は教科書、マニュアルどおりですが、
ベテランになると物事に対して対応する引出しをたくさんもっています。
よくいわれることですが、子育って、マニュアルや育児書どおりにはいかないもんなんですよね。
それをアレンジして、その子の合わせてやらないといけないんですよね。

このパート・ベテラン保育士には、私は親しみを覚えました。
パートだからか、正規の職員のように、
「こうしてください」
「あれはしないでください」
と、そればっかりではないし、ベテランなので親あしらいが上手。
そして、彼女の経験だけでなく、人間性もあるのだと思います。

そして、こちらも人間性。
もう一人の若い保育士に相談した時は、彼女は不本意そうな顔でしたが
「医師がそういうなら、紙おむつ、しょうがないですね」
と、いってくれました。

若い保育士が悪いとか、間違っているといってるのではなくて、教科書どおりすぎるのです。
そこから、経験をつんで、成長していくのでしょうけど、私にはそれに付き合う余裕がなかったです。
私のように新米ママは、ベテラン保育士の手のひらで転がされるうにされているのがよかったです。

保育士といっても、あちらも人間。
いろいろです。

失敗だらけの保育園とのお付き合い(13)
失敗だらけの保育園とのお付き合い(1)から読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

nice! 3

コメント 2

まなみん

保育園との関係も大変なんですね~。
by まなみん (2008-02-04 19:14) 

haruママ

とりあえず良かったですね!
そして信頼できる保育士さんを見つけられたことも
良かった・・・・
お互い信頼関係を上手く作って、言いたい事は言わせてもらう。
そういうのが理想ですよねー。
なかなか難しいけど・・・
by haruママ (2008-02-07 12:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。